後輩サポートスクアド

文化芸術

活動内容

私たちのグループは、勤勉で積極的、そして有名な学生で構成されています。しかし、私たちの多くは、新入生として新しい生活に慣れるのに苦労したり、頼れる先輩を知らなかったりと、その過程は簡単ではありませんでした。しかし、授業が始まってからは、勉強、ECA、社会生活、クラブ活動、事務処理、日常生活など、多くのことを両立させるのに苦労しました。中には、内向的であったり、仕事に溺れてしまったりして、周囲に多くのサポートがあるにもかかわらず、助けを求めることすらできない人もいた。
特に、APUに大きな卒業生や先輩のコミュニティがない国からの留学生は、ホームシックになり、APUに適応する方法を見つけるのに苦労します。そのため、多くの学生、特に留学生が1年次に退学したり、学業成績に影響を与えたり、奨学金を失ったりしています。正式な数字は公表していませんが、私たちのコアチームは、多くの同級生や先輩、後輩がAPUに馴染めずに諦めていることに気づいています。継続を断念する理由には様々な要因がありますが、適切なサポートと指導があれば、そのほとんどは軽減できると考えています。 当クラブの目的は、毎週APU内で行われる様々なセッションを通じて、長期的なサイクルでセンパイがコウハイを支援することです。毎週、選択的/自発的なアプローチに基づき、新しいサイクルのセンパイが選ばれ、彼らが誰であるか、これまでの実績や得意分野を簡単に紹介します。コウヘイたちは、簡単なアンケートやウォークインセッションを通じて、毎週の活動に自由に参加することができ、APUや日本への適応に関するどんな問題でも相談することができます。アイスブレーキングと自己紹介の後、各グループに分かれ、それぞれが抱えている問題について、先輩がサポートします。 日本人だけのサポートについては、英語が堪能な日本人センパイが常駐する。コウハイの皆さんは、簡単なアンケートやウォークインセッションを通じて、毎週の活動に自由に参加することができます。アイスブレーキングと自己紹介の後、各グループに分かれ、それぞれが抱えている問題を解決するためのセンパイを配置します。 日本人だけのサポートについては、英語が堪能な日本人センパイが常駐する。 この組織の募集設定は、輪番制で行われる。2年生になればセンパイとして参加でき、1年生の受け入れは学期ごとに増えていきます。APUは留学生・国内留学生の受け入れが盛んなため、新入生からの相談が絶えることはありません。新入生時代に当クラブの活動でお世話になった方は、2年生になってからいつでも先輩になることができます。センパイはクラブメンバーとして扱われますが、長期的な約束はなく、毎週自主的にセンパイを申請することができます。コアメンバーは、ほとんどの業務を長期的に担当し、APU当局に提出する義務のある業務やクラブのロジスティクスを処理するために、常に組織の支援に気を配ります。

活動場所 J棟
活動日時 木曜日7限
部員数 国内学生:1、 国際学生:5
備考

コンタクト先:sh22m6id@apu.ac.jp